家族それぞれのプライベートを確保しよう

マイホームは家族と一緒に暮らすための物ですが、常に一緒に居続けるとかえって疲れてしまう事もあります。そのため一緒に過ごす時間と一人になれる時間を選べるように家族それぞれにある程度プライベートを守れるような部屋や空間を用意する方が良いでしょう。もちろん家族によってはずっと一緒に居てもストレスにならない場合もあるので、個室が不要だった場合に書斎や押入れなどに流用しやすいよう間取りを調節しておくと良いでしょう。

大きな一つの部屋をパーティションなどで仕切って使うと目的に合わせてすぐに大きな一つの部屋に戻すことが気軽にできて臨機応変に対応できるので、子供部屋のやりくりなどで迷った際に参考にしてみましょう。

2世帯の場合それぞれ独立して暮らせるようにしよう

親と一緒に住む二世帯住宅で考えている場合は、台所やお風呂、トイレといった部分を共有するかどうか迷う人も少なくありません。広さに余裕がない場合は共有するしかないケースもありますが、広さに余裕があるのであれば別々にしたほうが良いでしょう。夫婦二人と子供1~3人程度であればバストイレや台所が一つでもやりくりに問題は起きないかもしれませんが、親夫婦が加わると使いたいタイミングが被って渋滞が起きてしまう可能性が高くなります。

些細な問題かのように思えますが、疲れているときや心に余裕がない時はそうした共有スペースを使う順番などでもケンカのきっかけになることがあります。可能な限り二世帯住宅ならば台所とバストイレは二つずつあった方が良いでしょう。両親の部屋が空いた場合でも、民泊などで人に貸しやすくなるのも、それぞれ個別に台所などを揃えておくことのメリットです。

これからマイホームとして福岡の注文住宅を建てる予定なら、地域に密着した形で仕事をしている工務店に相談しましょう。