部屋の壁が厚い物件を選ぶ

賃貸物件を選ぶ時には、部屋の壁が厚い物件を選ぶのが1つのコツです。もし、部屋の壁が薄い場合だと他の部屋に住んでいる人の声やテレビの音などが聞こえることがあり気になって快適に住めないことがあります。しかし、部屋の壁が比較的厚い場合だと、隣の部屋の雑音などが聞こえにくいので快適に住みやすくなりますよね。部屋の壁の厚さは、見た目や物件情報だけだと把握するのが難しいため、必ず不動産担当者に聞くようにしましょう。

また、見学した時に他の部屋の雑音などが聞こえてきた場合は、壁が薄いことが多いので見学した時に雑音が聞こえないのかもチェックします。中には、防音対策をしている賃貸物件もあるので、担当者に確認してみましょう。

湿度が高い物件を選ばない事

賃貸住宅を選ぶ時には、湿度に注目することも重要です。もし、湿度が高い物件に住んだ場合不快に感じることが多く、特に湿度が高くなる梅雨や夏場だと暮らしにくくなるでしょう。日光が当たりにくい部屋は湿気が多くなりやすいため、なるべく日差しが当たりやすい物件を選ぶ必要があります。例えば、ベランダが南向きだと、日差しが当たりやすく湿気に悩まされる事も少なくなりますよね。もし、湿度が気になる場合は見学する時に湿度計を持参して、湿度チェックするのがおすすめです。

他にも、湿度が高いと洗濯物が乾きにくく、カビなどが生えやすいというデメリットもあります。湿度を軽視して物件を選ぶと、後で後悔するので湿度を意識しながら物件選びをして少しでも暮らしやすい物件を選ぶようにしましょう。

札幌中央区の賃貸に住むことで大通り公園やテレビ塔、時計台といった観光地へとすぐに行くことが出来ます。