ハウスメーカーで注文住宅を依頼する

ハウスメーカーが手がける注文住宅は、設計も施工もすべて一社に任せられるという特徴があります。設計する業者と家を建ててくれる業者を別々に探す必要がなく、複数の契約を結ばなくても済みます。ハウスメーカーによっては、土地探しや住宅ローンのことなども全て相談できる場合もあるので、スムーズに家を建てられるところが魅力です。大手ハウスメーカーでは、自社サイトの開設や、メディア広告などが多く、情報量が多彩にあります。自分たちの希望する家を建設してくれる業者が見つかりやすいです。

設計事務所で注文住宅を建てる場合

狭い土地や変形した土地で家を建てる場合や、こだわりのある住宅を建てたいと考えているなら設計事務所へ注文住宅を依頼するのがベストです。建築士と直接打ち合わせをしながら設計を進めることができるので、凝ったデザインの家や、希望に近いマイホームを建てることができます。設計事務所へ注文住宅を依頼するときは、設計は設計事務所へ発注し、家の工事は別の施工業者で契約することになります。施工業者は設計事務所が紹介する場合がほとんどです。

工務店へ依頼して注文住宅を建てる

注文住宅は工務店へ依頼して建てる方法もあります。工務店では、設計と施工と両方を請け負う業者もありますし、設計だけ別の設計事務所へ発注するという業者も存在します。工務店は、伝統的な木造建築を得意としている業者が多く、施工技術の高い専門の職人さんたちに家を造ってもらえるというメリットをもちます。素材の良さを知り尽くした職人さんが手がける家は、品質の高さにも定評があります。職人さんたちの腕次第で完成度に差が出ることもあるため、工務店で注文住宅を建てるときは、口コミや評判も良くチェックしておくようにしましょう。

横浜の注文住宅では、海沿いの地域や海風が当たる地域に建てる場合に、塩害対策をしっかりおこなっておく必要があります。