従来工法の特徴を知っておこう

注文住宅を建築するときには、いくつかの工法の中から選ぶ必要があります。一般的に日本の住宅て利用されているのは、従来工法と呼ばれるタイプです。従来工法とは、明治時代より以前から利用されていた間口の広いタイプの工法です。住宅を建築するときに、骨組みとなる太い柱を何本か利用し、それ以外には細い柱を使って建築してきます。この建築方法の特徴の一つは、リフォームがしやすいことです。間取りを変更するようなリフォームでも、比較的簡単に行うことができます。また、間口が広い工法のため、大きな窓を取り入れたい場合にも無理なく設計することが可能になります。昔から利用されている工法のため、たいていのハウスメーカーや工務店で従来工法の建築をすることができるでしょう。

ツーバイフォー工法の場合

外国からは入ってきた住宅建築工法の一つに、ツーバイフォーと呼ばれる工法があります。ツーバイフォーとは、柱を断面として見たときの縦と横の長さを意味しています。縦と横が2インチと4インチの断面の柱を利用しているのです。従来工法との違いとしては、太い柱が存在せずすべての柱が同じ太さになっていることです。この工法の特徴は、耐震性に強いことが挙げられます。もともと、柱だけでなく壁も一緒になって住宅を支えているため揺れに強いわけです。その一方で、弱みがあるとすれば間取りを変更するレベルのリフォームがしにくいことです。間取りを変更するとなれば柱と壁を取り払う必要がありますが、これを取り払ってしまうと耐震性が弱くなるでしょう。

名古屋は車、鉄道の便がよく、ターミナル駅の商業施設も充実していますが、住宅地は自然が多く、落ち着いています。暮らしやすい土地として人気がある名古屋の注文住宅で、日常を大切にした家づくりが実現できます。