他の地域とはここが違う

日本各地から北海道に引っ越してくると、冬の北海道の家の中が意外にも暖かいことに驚く人は多いでしょう。他の地域と違って北海道の戸建て住宅では、玄関の周りをガラスで囲った玄関フードがあります。これは、玄関のドアを凍らせないようにしたり、吹雪による雪の入り込みを防いだり、玄関から熱が逃げないようにしたりするための工夫です。また、寒冷地のため賃貸でも室内には冷暖房のエアコンが完備されています。さらに、雨戸はなく、窓ガラスには空気層が入ったペアガラスが使われていることが一般的です。寒い季節でも、ペアガラスだと結露の心配がありません。そして、万が一の大雪や吹雪に備えて、耐震性や耐久性にも優れています。

北海道での賃貸選びのポイント

北海道で賃貸物件を選ぶ際には、冬場のことを考えて選ぶのがおすすめです。なぜなら、冬場に旅行や里帰りなどで長期間留守にする場合、出かける前に水道管の水を抜いておく必要があるからです。これを水落としと言いますが、怠ると水道管の水が凍ってしまいます。物件選びの際には、水落としの方法を確認しておくのが良いでしょう。また、賃貸物件には暖房器具が備え付けられている家が多く、FF式の石油ストーブとガス暖房があります。ガスは早く温まりますが、暖房費が高くなるため、石油ストーブのある物件を選ぶのが良いかもしれません。

家族で暮らすなら戸建てとマンションどちらが良いか

マンションでオール電化の場合には、リビングに大きな暖房器具が設置されていることが多く、家全体が暖かいというメリットがあります。一方、戸建ては各部屋に暖房器具が必要になりますが、収納の多さを考えると戸建ての住宅がおすすめです。家族構成や生活環境によって、どちらを選ぶのかを決めるのが良いでしょう。

観光地としても有名な小樽の賃貸物件の周辺には、主要駅前のショッピングセンターや小売店が多く、日常生活の買い物にも便利です。