まずは築年数と建物構造の種類をチェック!

地震大国である日本の建築物は『強度』が重要になってきます。これから訪れると言われている南海トラフ地震を始め、毎年大規模な地震災害は各地で起こっていることです。その為、しっかり見てもらいたいのは建物の構造の種類。マンションなら『RC造』がおすすめです。Reinforced Concreteの略で、いわゆる鉄筋コンクリート造という造り。鉄筋の柱にコンクリートを流し込んでおり、耐熱性と引張力の両方に長けています。音も他の部屋に響きづらいので、プライベートを気にする方・女性の一人暮らしにもおすすめです。

逆に気をつけなければならないのは『木造』。今はこの造りの建物自体あまり残っていませんが、自然素材でできている分、耐火機能や地震などの大きな災害にも比較的弱いとされています。ただ、お安い物件も多いので、費用を抑えたい方には候補に入れてもらっても良いと思います。

夜と昼で大違い?町並みや周囲の雰囲気

内装ばかりに気を取られて、意外と忘れがちなのが周囲の雰囲気です。特に昼と夜では大きな差があります。例えば、昼に見たときは陽当たりもよく気持ちの良い部屋に見えても、夜になると街灯が少なく歩くのが不安な道であったり、逆に夜が閑静な町並みだとしても、昼間は近くの幼稚園の音が大きい!など、目に見えない部分で大きな違いが出てくることがあります。隣人がどんな人か・町自体の雰囲気など、2~3度ほど足を運んでから決める方がベターです。

中身だけですぐに決めるのはもったいない!

内装や機能性、間取りに目が行きがちですが、それ以外の部分でも注意するチェックポイントはたくさん。せっかくの新しい家での生活です。気持ちのいい環境を選びましょうね。

恵庭市は札幌のベッドタウンとして人口が少しずつ増えています。年齢構成も他の道内の市町村に比べて若く、恵庭の賃貸物件も増加傾向にあります。